就労継続支援(B型) と 生活介護

くじら共同作業所では、主に「就労継続支援B型サービス事業」と「生活介護サービス事業」を実施しています。

就労継続支援B型サービスとは、就労経験のある障害者などに対し、
就労の機会を提供するとともに、生産活動などの機会の提供を通じて、
その知識および能力の向上のために必要な訓練などを行うサービスです。

くじら共同作業所では、それぞれグループ(班)に分かれ、生産、知識および能力の向上のために訓練を行っています。
現在は、「お菓子班」「下請け班」などがございます。

お菓子班では、パウンドケーキやクッキー、ラスク、パンなどを作っています。
パン作りにはこだわりがあり、材料水は龍神村の温泉水を使用しています。
みんなで作ったパンやお菓子は、現在7か所で販売させて頂いています。

下請け班では、ドックフードなどの袋詰め作業をしています。

菓子パンの製造作業
・菓子パンの製造作業


クッキーの製造作業
・クッキーの製造作業


生活介護サービスとは、常時支援を必要とする障害者に対し、創作的活動や生産活動の機会を提供するサービスです。

日中の活動の場として次のような作業、活動、訓練などに積極的に取り組んでいます。

●絵画教室(毎週金曜日)
●畑作業(給食のお味噌汁用の具材を育てて収穫しています)
●空き缶のリサイクル
●割りばし等の袋詰め
●社会見学や各種実習などの学習訓練

焼きたてのクッキー
・焼きたてのクッキー